森林セラピーロゴ

お知らせ(2015年)

トップページ > お知らせ(2015年)

10/19 森林セラピーの論文が発表されました

森林セラピーの論文が発表されました。
これまでの全国57箇所のセラピー基地・ロードにおける、森林浴実験の結果を分析した論文です。
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine(エビデンスに基づく補完代替医療)・インパクトファクター1.88の国際誌です。
掲載論文:http://www.hindawi.com/journals/ecam/2015/671094/

(概要)全国57箇所の森林部と都市部で、トータル625人の被験者による森林浴実験を行ないました。
心拍変動(HRV)を連続的にモニターした結果、被験者の約80%において、リラックス時に高まる副交感神経活動が増加を示しました。同様に、64.0%の被験者において、ストレス時に高まる交感神経活動が減少しました。残りの被験者は逆 の結果を示しました。

10/13 森林セラピスト認定講習会が開催されました

森林セラピスト認定にあたっての講習会が石川県津幡町で開催されました。

森林セラピスト認定講習会森林セラピスト認定講習会2

9/18 森林セラピー基地・ロードの公募説明会を開催します

公募説明会では、森林セラピー基地等の認定に向けた生理等実験方法と科学的効果、申請の手続き等についてご説明いたします。
東京千代田区にて9月下旬~10月上旬の開催を予定しております。

8/26 茨城県大子町にて生理・心理実験が行われました

8月5日から7日まで、茨城県大子町で第11期森林セラピー基地候補地生理・心理実験が行われました。
実験スタッフは森林総合研究所と千葉大学、また大子町役場から10数名が参加しました。
被験者は茨城大学の女子学生です。実験期間中は天候に恵まれ、奥久慈憩いの森、およびコントロールの常陸大宮市での実験が滞りなく実施されました。
この結果は、来年3月の認定委員会の審議を経て、4月に公表されることとなります。
実験の様子は、茨城新聞・読売新聞のほか、NHKからも取材を受け報道されました。

8/4 事務局夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2015年8月10日(月)~2015年8月16日(日)まで、夏季休業期間とさせていただきます。
2015年8月17日(月)から平常通り営業いたします。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

7/21 森林セラピー総合サイト リニューアルのお知らせ

森林セラピー総合サイトのリニューアルを行いました!
会員ページから機関誌のバックナンバーを見ることができます。
会員ページのパスワードは、18号機関誌と共に会員の皆様へお送りしております。
※改装作業中の箇所もございます。更新まで、今しばらくお待ちくださいませ。

4/7 日本初 森林セラピー協力施設を認定しました!

日帰り温泉施設「有馬温泉 太閤の湯」を森林セラピー協力施設として認定いたしました。
森林セラピー協力施設の認定は全国でも初めての事例です。
森林セラピー協力施設は、森林セラピー活動の広域的な推進に特に理解を示しその協力を行っている施設を認定するものです。
これにより、森林セラピー活動のさらなる普及を行ってまいります。

●森林セラピー協力施設 認定地:有馬温泉 太閤の湯(兵庫県神戸市)

> http://www.taikounoyu.com/

詳細につきましては、下記プレスリリースをご覧ください(PDFファイル)

有馬温泉太閤の湯森林セラピー協力施設

3/20 第10期 森林セラピー基地の認定発表

第10期森林セラピー基地審査により、新たに岩手県岩手町、岐阜県本巣市、兵庫県宍粟市が認定となりました。

北上川源泉・北緯40度の子抱の森
岩手県岩手町

岩手町は、盛岡市の北側に隣接し、町の中心部を流れる北上川に沿って、東北新幹線IGRいわて銀河鉄道、国道4号線が縦断し、東部には国道281号が久慈平庭県立公園、陸中海岸国立公園へ連結するなど、県北地域における交通の要衝としての役割を果たしています。キャベツ、白菜、大根など高原野菜の主産地であり、生産量は県内一を誇っております。 ロードは総合運動公園から子抱山展望台東屋・嵐山展望台まで結ぶ2コースあり、展望台は稜線を眺めながらの休息は格別です。ロード中は赤松を中心にミズナラなども見られます。

本巣森林セラピー基地
岐阜県本巣市

本巣市は、岐阜県南西部の中央から北端に位置し、岐阜市まで車で20分、名古屋市までも1時間20分と恵まれた位置にあります。本地域は、国の天然記念物「薄墨桜」をはじめ「根尾谷断層」や「菊花石」の特別天然記念物を有し、また国の重要無形民俗文化財に「能郷の能・狂言」が指定され歴史と文化が香る地域です。本基地は、岐阜市から1時間、名古屋市から2時間であり、何度も気軽に通っていただける。また、「薄墨桜」、「根尾断層」、「能郷白山」など歴史・文化や自然を堪能できます。また、うすずみ温泉や道の駅「織部の里もとす」などで地産地消のおもてなし料理を味わうこともできます。

森林セラピー基地しそう森林王国
兵庫県宍粟市
宍粟市は、兵庫県中西部に位置し、古くから林業で栄えた森林のまちです。県内最高峰の氷ノ山を初めとする千m級の山々から、揖保川中流域の平野部まで含み、多様な自然景観を形成しています。 以前から「県民オアシスしそう森林王国」として位置づけられており、県の保養や自然観光の中心的な役割が期待されています。宍粟市には多様な自然条件が存在することから、様々なタイプのセラピー、プログラムに対応することができます。エントランスとなる国見の森公園は、中国自動車道山崎インターに近く、大阪市内から車で2時間程度とアクセスも良好です。
名称はそれぞれ仮称です。

基地候補地団体は、茨城県大子町、神奈川県箱根町の2ヶ所がノミネートされました。

2/6 森林セラピー会報誌17号を発行しました

会報第17号を発刊いたしました。

森林セラピー会報誌第17号