関東

赤城自然園

  赤城自然園は、赤城山西麓の600~700mの標高に位置し、花々が咲き誇る春、生命力にあふれる夏、木々が実り色づく秋と、日本の豊かな四季を織りなす美しい自然を感じることができる森。「人間と自然との共生」の実現を目指し、30年近い年月をかけて植生を入れ替え、植物がいきいきと育ち昆虫や小動物が棲みやすい環境づくりを続けており、今では北関東で生息する植物や昆虫のほとんどの種類を自然に近い形で見ることができる。整備がほどこされているため、低層の草花にも太陽の光が注がれ、今では絶滅の危機に晒されている多くの山野草も育つ。また、デザインされた森なので、木の皮を敷き詰めた足に優しい散策路、間伐材でつくったベンチやイス、手洗い場などが完備されており、気軽にゆっくりと森林を散策しながら、さまざまな植物を愛で、昆虫を観察できるのが特徴。園が位置する赤城山は、山頂には小尾瀬と呼ばれる覚満淵、南麓には赤城森林公園、赤城南面千本桜、レンゲツツジ群など豊かな自然の宝庫であり、近くには伊香保をはじめとする多くの温泉が湧くまさに癒しのエリア。


認定2014年3月
問い合わせ先 赤城自然園 群馬県渋川市赤城町南赤城山892
                       電話 0279-56-5211
関連ホームページ: http://akagishizenen.jp/

            地図は赤城自然園のホームページをご確認ください。クリック

マップ

春の訪れを愛でる。

日ごとに春めく変化が魅力の春。ひろがりゆく新緑や

次々に花開く種類豊富な花々、その甘い香りに誘われ

集まってくる虫たちなど、訪れるたびに新たな出逢いや

発見、感動を楽しめます。

夏の呼吸を肌で感じる。

木々の緑や川のせせらぎ、吹き抜ける風がさわやかな夏。

色鮮やかなキキョウや甘い芳香を漂わせるヤマユリ、

そして“森の妖精”「レンゲショウマ」が園内を彩り、

昆虫などが棲む森は生命力溢れます。

秋の深さに癒される。

フジバカマの香りに誘われて神秘の渡りチョウ

「アサギマダラ」が飛来する初秋、

広大な森が種類豊富な木々の紅葉で彩られる晩秋と、

趣き異なる秋を感じることができます。


セラピープログラム

森林セラピー定期ツアー

●園内ガイドツアー
  園のスタッフが季節の見どころをご案内
  開催日: 毎日
  時間: 10:00~、13:00~、 ※1時間程度
  定員: 各回10名

●ナイトハイク(要予約)
  闇夜の雰囲気や星空を楽しむ森の散策。
  夏には自生するホタルの鑑賞も。
  開催日: 8月1日(金)・3日(日)・5日(火)、
        9月24日(水)、10月21日(火)
  時間: 19:00~ ※約1時間半

●てづくり工房
  木の実や枝、葉を使ったエコクラフトづくり
  開催日: 毎週木曜日・土曜日
  時間: 10:00~12:00、 13:00~15:30 ※随時参加可

●アサギマダラのマーキング
  渡りチョウの生態調査のためのマーキング体験
  開催日: 初秋の開園期間毎日
  時間: 13:00~
  ※アサギマダラの飛来状況に応じて開催します。

■詳細は、赤城自然園のホームページをご確認ください。

 




周辺情報・あわせて楽しみたい情報

近隣おすすめ情報MAP 「癒やしのSPOT36選」 をご利用ください!
下記、画像をクリックしますとPDFファイルをダウンロードできます。