ll.png森林セラピー®総合サイト

MENU.pngMENU.pngMENU1.pngMENU1.pngMENU2.pngMENU2.pngMENU3.pngMENU3.pngMENU4.pngMENU4.png

静岡県河津町「伊豆元気わくわくの森」

kawazu_main.jpg(暫定画像)

河津町は、伊豆半島の中南部に位置し、町の中央部を天城山系を背に河津川が縦断し、東は相模湾に面する起伏に富む地形をもつ。
河津川には、河津七滝と呼ばれる7つの滝があり、川端康成の名作「伊豆の踊子」の舞台になった湯ヶ野温泉や旧天城トンネルを結ぶ踊子遊歩道が整備されている。
セラピーロードは、湯ヶ野温泉の北東、標高619mの鉢の山への登山道。裾部の佐ヶ野渓谷沿いは森とワサビ田と滝が織りなす変化に富む景観が楽しめ、山頂部からは天城連山を一望する。
一帯にはキャンプ場や渓流釣り場などがあるが、現在、サクラ植樹や歩道の整備などが行われ、これからが楽しみなエリアといえる。

基本情報

認定時期  2007年3月
問い合わせ先  ・河津町観光協会 0558-32-0290 河津町産業復振興課 0558-34-1946
関連HP  別窓で開く伊豆元気わくわくの森
森林  広葉樹林・針葉樹林の混在林
代表的な樹種  ヒノキ、スギ
ロード数  1(うちバリアフリーロード対応なし)

ロードの情報

名称 標高 レベル 歩行時間 歩行距離
伊豆元気わくわくの森 最高619m 最低375m ふつう 2時間30分 約6km
河津川の支流となる佐々野川の上流に広がる丘陸地帯の森林を散策するコース。山頂には、天城山系を一望するパノラマを楽しめる。

カレンダー


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

   
森林セラピー 

       グリーンシーズン  
        

紅葉   

コースマップ

kawazu_map.jpg
河津町パンフレットも参考にどうぞ。

セラピープログラム

歩きながら、緑いっぱいの自然を感じるプログラムです。最高地点の鉢の山、山頂には樹齢100年を超すヒノキ林と自然植物が自生し、天城山系を一望するパノラマを楽しむことができます。

プログラム例(車利用)

パターンA)
第一駐車場→桜の小道→森の小道→セラピーロード
→山頂広場→山頂周遊路一周→山麓周遊路
→第二駐車場→第一駐車場
(約2時間30分)
パターンB)
第二駐車場→セラピーロード→山頂広場
→山頂周遊路→第二駐車場
(約1時間30分)

河津観光パンフレットも参考にどうぞ。

sign2.png

峰温泉大噴湯公園

fig_sub_funyu.jpg
峰温泉の大噴湯は、対象15年(1926)11月22日に爆音とともに約30mの高さまで噴き上げた自噴泉。その規模はかつて東洋一といわれ。現在も毎分600リットル、100℃の温泉が噴出している。2009年2月、大噴湯を中心に公園が整備され、足湯やミニギャラリー、温泉たまご作り体験などを楽しめる。

電話:0558-34-0311
営業:9:00~16.00
定休:無休(噴き上げは9:30~15:30の1時間ごと1分間。火、金曜は休)
料金:無料

sign4.png

河津の花名所

fig_sub1_kawazu.jpg
河津川畔の河津桜(2月中旬~3月上旬)、河津バガテル公園のバラ(5~6月、10~11月)のほか、かわづ花菖蒲園(5~6月)、かわづカーネーション見本園(1~5月)など花の名所が多い。

鉢の山

fig_sub2_kawazu.jpg
静岡県最初の森林セラピーロード「伊豆元気わくわくの森」がある鉢の山は、約3万6000年前の噴火でできた山。その昔、マグマが火口から噴水のように噴き出ると、空中で冷えて固まりスコリア(軽石)となり、火口の周囲に積もってお椀を伏せたような丘をつくった。

河津七滝

fig_sub_nanataki.jpg
河津町にはいくつかのハイキングコースがあるが、河津七滝めぐりの人気は高い。バス停水垂から国道の下をくぐるとすぐにハイキングコースの林道になる。そのコースでは、様々な滝をめぐることができる。