ll.png森林セラピー®総合サイト

MENU.pngMENU.pngMENU1.pngMENU1.pngMENU2.pngMENU2.pngMENU3.pngMENU3.pngMENU4.pngMENU4.png

新潟県妙高市 生命地域・妙高 薬湯膳の郷

fig_main_myoko.jpg
妙高市は、日本百名山に数えられる妙高山の裾野に位置し、日本の滝百選の苗名滝や惣滝、遊歩百選の斑尾高原、平成の名水百選「宇棚の清水」など、豊かな自然に恵まれる。セラピーロードは妙高高原、笹ヶ峰高原、斑尾高原、新井地区(斐太、平丸)と市内広域に分散し、それぞれ特徴が異なる。
拠点基地となるのが妙高高原で、妙高山のビュースポットとして有名ないもり池を中心に、「妙高高原自然歩道」が整備されている。
このほか、牧場や池、樹林帯など、妙高の自然の魅力を満喫できる笹ヶ峰高原、湿原や湖沼、多くの野生動物や山野草の宝庫である斑尾高原など、初心者から健脚者まで楽しめるコースがそろう。

基本情報

認定時期  2008年4月
問い合わせ先  ・妙高市役所観光商工課 0255-74-0021
公式HP  別窓で開く妙高の癒しの森 妙高市役所
森林  シラカバ林、ドイツトウヒ林、ブナ林
代表的な樹種  シラカバ、ドイツトウヒ、ブナ、ミズナラ
ロード数  6(うちバリアフリーロードなし)

ロードの情報

名称 標高 レベル 歩行時間 歩行距離
妙高高原自然歩道 最高1247m 最低731m しっかり 3時間37分 15.7km
アップダウンが厳しい上級者向けと、平坦な初級者向けの2つのコースがある。赤倉温泉が近いので温泉も楽しみ。5月上旬~11月中旬。
笹ヶ峰一周歩道 最高1410m 最低1224m ふつう 2時間15分 10km
牛を放牧する笹ヶ峰牧場や清水ヶ池、乙見池などが点在する標高1300mの笹ヶ峰高原を巡る。5月上旬~11月中旬。 
笹ヶ峰夢見平遊歩道 最高1348m 最低1227m ふつう 2時間27分 9.6km
ブナ、ミズナラの巨木が生える原生林に囲まれた平坦な道。春には夢見平湿原でミズバショウが咲く。5月上旬~11月下旬。
赤池周辺トレイル 最高1138m 最低906m ふつう 1時間45分 6.9km
「一生に一度は訪れてみたい遊歩百選」の遊歩道。湿原や池、ブナ林を巡るコースは変化に富む。5月上旬~11月下旬。
斐太歴史の里 最高180m 最低40m らくちん 1時間10分 4.3km
国指定史跡の斐太遺跡や観音平、上杉謙信の出域・鮫ヶ尾城跡など、多くの史跡が点在する里山コース。4月上旬~12月上旬。
平丸ふれあいの森 最高897m 最低812m らくちん 30分 2km
「新潟県森林浴の森百選」に選ばれたブナ林を歩く平坦なコース。5月下旬~11月下旬。

カレンダー


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

   
森林セラピー(妙高高原ビジターセンター)
     
森林セラピー(笹ヶ峰グリーンハウス)     

     グリーンシーズン    
積雪期 残雪期           紅葉     積雪期

標高1300mの高原で健康回復トレッキング

笹ヶ峰高原は、バリエーション豊かな散策コースがあるので、好みや体調に合わせたコ一スを設定することができる。笹ヶ峰牧場からドイツトウヒ林を抜け、清水ヶ池、乙見湖、宇棚の清水などを巡ることにより、森林セラピー効果で、心身を癒してくれる。こうした笹ヶ峰の魅力を知り尽くしたガイドが同行して見どころを案内しながら遊歩道を巡ることができる。

sign.png

2つのビジターセンター

fig_sub_2tunobizitar.jpgエリア内には妙高高原ビジターセンターと笹ヶ峰ビジターセンターの2つのビジターセンターがある。
いもり池のほとりにある妙高高原ビジターセンターは、さまざまな標本や模型.パネルなどを展示し、妙高の自然をわかりやすく解説している。自然をテーマに多彩なイベントがあり、「みずばしょうの観察会」「いもり池周辺の自然観察会」「夏の自然教室」「きのこの観察会」など、季節にあわせた自然観察教室が好評。
笹ヶ峰ビジターセンターは、妙高連峰に囲まれた標高1300mの笹ヶ峰高原に位置し、笹ヶ峰キャンプ場に隣接している。妙高山、火打山周辺の高山植物や野生動物について紹介した展示施設があるほか、夏休み期間には自然観察教室を開催する。

・妙高高原ビジターセンター
電話:0255-86-4599
営業:9:00~16:30
定休:無休(11月4日~3月31日は水曜休)
料金:無料

・笹ヶ峰ビジターセンター(妙高高原自然保護官事務所)
電話:0255-86-2441
営業:8:30~17:00
定休:無休(10月下旬~5月下旬は休館)
料金:無料

sign2.png

日帰り温泉で癒す
fig_sub_higaeri.jpg妙高高原の宿を拠点に森林セラピーを楽しみ、さらに日帰り温泉で癒されよう。赤倉温泉の名物が「野天風呂滝の湯」で、赤倉温泉足湯公園も近い。池の平温泉には「ランドマーク妙高高原」があり、黒泥湯露天風呂や女性専用のゲルマニウム温浴、炭盤浴も備える。
杉野沢温泉の「苗名の湯」は小ぢんまりした内湯のみの施設だが、隣接するそば処も人気がある。野趣あふれる露天風呂がお好みなら、燕温泉の「黄金の湯」か「河原の湯」がおすすめ。

妙高高原スカイケーブル

fig_sub_skycable.jpg
新赤倉温泉の山麓駅から標高1400mの山頂駅まで11分で結ぶ妙高高原スカイケーブルに乗れば、志賀高原がら野尻湖、斑尾山を一望する大パノラマが開ける。山頂駅からは、ブナの原生林をたどるトレッキングも楽しめる。

電話:0255-87-2501
営業:8:30~16:00
(土・日曜・祝日は~16:30)
定休:無休(グリーンシーズン営業は7月中旬~11月上旬)
片道1000円、往復1500円

観光施設

fig_sub_michinorekishikan.jpg
妙高高原ICに近い関川の関所は、江戸幕府の北国街道整備に伴い設置されたもの。現在は「道の歴史館」として公開され、古文書やジオラマなどによって当時の姿を知ることができる。

電話:0255-86-3280
営業:9:00~17:00
定休:無休(12月~4月9日は休)
料金:520円