ll.png森林セラピー®総合サイト

MENU.pngMENU.pngMENU1.pngMENU1.pngMENU2.pngMENU2.pngMENU3.pngMENU3.pngMENU4.pngMENU4.png

長野県信濃町 信州・信濃町 癒しの森

fig_main_shinano.jpg

北信五岳の一つ、標高2053mの黒姫山東麓に広がる信濃町は、黒姫高原や野尻湖を擁し、大正時代には宣教師が湖畔に別荘地を拓き、多くの文学者が別荘を構えた自然保養地。
おもなセラピーロードには、出発地点に距離や高低差、難易度がわかる案内板を設置し、コース内には森林の癒し効果を説明した案内板も設置している。
大きな特徴は、町独白の講座により町長が認定した「森林メディカルトレーナー」が森林散策コースを案内し、「森での免疫療法」「信濃町独白の療法」で癒し効果をアップさせること。宿泊は、「癒しの森の宿」を利用することもでき、ハ一ブティーや新鮮な野菜料理などを楽しむことができます。

基本情報

認定時期  2006年4月
問い合わせ先  ・信濃町役場農林課癒しの森係 026-255-5925
公式HP  別窓で開く信州信濃町 癒しの森
森林  多様性のある森林(アファンの森は信濃町)
代表的な樹種  カラマツ・スギ
ロード数  3(うちバリアフリーロード:1)

ロードの情報

名称 標高 レベル 歩行時間 歩行距離
御鹿池一周コース 最高840m 最低810m らくちん 1時間30分 1.2km
リュウキンカが群生する湿原や小さな池もあり、黒姫童話館・童話の森ギャラリーで喫茶や軽食もできる。
地震(苗名)滝コース 最高810m 最低970m しっかり 4時間30分 7km
黒姫高原麓から針葉樹林や広葉樹林を歩き、日本の滝百選の地震滝(苗名滝)に到達。この地では数少ないロングコース。 
象の小径コース 最高670m 最低700m らくちん 1時間 2.5km 
野尻湖を眺めながら森林浴を楽しめるショートコース。「静かな湖畔の森の陰から~」の歌詞が生まれた岬も通る。 

カレンダー


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

   
森林セラピー(冬はスノーシュー)
積雪期     グリーンシーズン    
積雪期  

    残雪期             紅葉   

森林セラピープログラム

「信州・信濃町癒しの森」の森林セラピープログラムは、利用者の都合や希望に沿ったオーダーメイドも可能。モデルプランのほかに宿泊日数、宿泊施設、森林メディカルトレーナー同行の有無、希望日数などにより料金が異なる。どのコースも事前に信濃町役場癒しの森係と滞在プランを相談しながらコースやプログラムを決める。
026-255-5925(信濃町役場農林課癒しの森係)

お試し休養コース

森林メディカルトレーナーと森林を散策しながら癒し体験する2泊3日のショートステイプラン。
1泊2日2万500円~、2泊3日2万9500円~

医師のいる森で保養コース

医師による問診や処方を受け、森林メディカルトレーナーとともに森林を散策し、心身をリフレッシュし、再び元気・活力を取り戻すプラン。
3泊4日4万3500円~、4泊5日6万7500円~、5泊6日7万6500円~

医師のいる森で休養コース

7泊8日10万円~、14泊15日16万700円~
※宿泊料金、森林メディカルトレーナーガイド料、保険料含む

森林メディカルトレーナー

fig_sub1_shinano.jpg森林メディカルトレーナーは、森の中へ利用者を案内し、森林セラピーや森での免疫療法、信濃町独自の療法を行なうことで、五感を解放し、癒し効果を高める手伝いをする。医師と随時連携しながら安全管理や医師の処方のもと随時心拍数・血圧などをチェックする。日本赤十字社救急法救急員認定者などの資格も有するので安心だ。

sign.png

癒しの森の宿

fig_sub_morinoyado.jpg町に認定された29軒の「癒しの森の宿」では、各種アロマ精油による芳香浴にハーブティ、薬草茶などで、利用者に癒しの時を提供する。食事は地元の朝採り野菜や山菜、キノコ、薬草などの郷土食材を使った料理の数々。アレルギーや各種症状に合わせた配慮もしてくれる。駅やセラピーロード、温泉施設などへの送迎も行う。

道の駅しなの ふるさと天望館

fig_sub_michinoeki.jpg
信濃町を代表する特産品が高原夏野菜と霧下そば。地場産品を扱う売店のほか、地粉石臼挽き・手打ちそばが味わえる食事処などがあり、観光拠点にもなっている。

電話:026-255-2900
営業:9:00~19:00(冬期は~18:30)
定休:水曜(祝日の場合は翌日、5・6・9月は無休)

野尻湖ナウマン象博物館

fig_sub2_shinano.jpg
野尻湖を一躍有名にしたのが昭和37年に発見されたナウマン象の化石。館内には発見された化石や遺物、野尻湖人の生活、発掘の様子などを展示・紹介している。

電話:026-258-2090
営業:9:00~17:00(冬期は要問合せ)
定休:5・6・9・10月の末日
料金:500円

黒姫童話館

fig_sub3_shinano.jpg
「モモ」や「ネバーエンディングストーリー」などのドイツの作家、ミヒャエル・エンデと「モモちゃん」シリーズで知られる作家、松谷みよ子の常設展示室がある。

電話:026-255-2250
営業:9:00~17:00(4月上旬~11月のみ会館)
定休:5・6・9・10月の末日
料金:600円